바로가기 메뉴

隴雲精舍

  • 書院を見る
  • 陶山書堂
  • 隴雲精舍
  • 글자크기 크게조정
  • 글자크기 작게조정
  • 본문인쇄 새창
  • 페이스북 공유
  • 트위터 공유

隴雲精舍

隴雲精舍

隴雲精舍は弟子達の寮で、書堂の西側に位置する。退溪先生が直接基本設計をし当時、龍壽寺の僧侶だった法蓮と淨一を任命して建立したと伝えられている。弟子達が自主的に勉学に専念するよう願った先生の精神が反映され、‘工’字型に建築された。この'工'字型の対称的な建物は、大きく2つの空間に分けているが、各2間のオンドル部屋と、前に突出した板の間1間、後ろ側に封堂1間から構成されている。建物の前の基壇である月臺には敷石を敷いた。この宿舎は、2つのクラスを収容したが、年輩の弟子達は東側の部屋を使い、若い弟子達は西側の部屋に寝起きさせることで弟子たちが互いに負担が無いようにさせた。四方に窓を設置することで日差しがよく入り換気がよく出来るよう工夫した。

隴雲精舍

* 時習齋は、東側に突出した板の間であり、西側の部屋に向かって対称となっている。二つのクラスを向かわせることで互いに話し合い、そして互いに競い合うことを意図して設計されたことがわかる。常に学問に打ち込むようにという思いが込められている。
* 觀瀾軒は、隴雲精舍の西側に突出した板の間であり、時習齋と対称になっている。勉強する場所であり、板の間は休憩場所として使われた。洛東江の美しい波を見つめながら理知を悟ってほしいという意味が込まれている。この様な連立式の宿舎は、紹修書院にも残っている。

현재 페이지의 정보 및 편의성에 만족하십니까?